Healing Pianist  ROMI

 

小さい頃より不思議な経験を数多く体験する。

特に3.4歳から8歳頃までは、一定の時間になると上から白黄の光が降り注ぎ、とても満ち足りた幸福感・恍惚感を体験する。

自分で『私(ノド)の神』と名付けて、

合図がくるとその場所に行き、光を浴びていた。

それは3〜4年間続く。

 

その頃からピアノを弾くと、指が自然に鍵盤の上を動き、

音を出していたが、
楽譜にない音を弾いて「怒られる」のが怖くて

誰にも言わず内緒で弾いていた。

その後さまざまなライトワーカーやヒーラー達との出会いにより、
それがヒーリングピアノとしての音であることを知る。
降りてくるメッセージがそのまま指から自然に音になり、

音楽になっていく。

         

今は多くの方々にその光の音を伝えている。